スポンサーリンク

奈良遊協、認定機に関する情報記載を要望

2019年7月、奈良県遊技業協同組合(奈良遊協)は組合員ホールに対し、文書「入替変更承認申請に係る遊技機一覧表部分への項目追加について / 県警本部からの要望に伴う協力方お願いについて」を送付しました。内容は以下の通り。

 

奈良県警からの要望 / 遊技機一覧表への項目追加

入替変更承認申請に係る遊技機一覧表部分への項目追加について
県警本部からの要望に伴う協力方お願いについて

この度、奈良県警察本部許認可担当官様より当組合に対し、検定機及び認定機並びに認定年月日について、下記の内容のとおり要望がありましたので、ご連絡いたします。

【要望事項】
入替申請時に添付の遊技機一覧表部分への項目の変更と追加について

 ・変更箇所:検定年月日→検定公示日等
 ・追加項目:認定機の有無の記載
 ・追加項目:認定遊技機の認定年月日の記載

県警本部より、各ホール様の営業所内に設置されている遊技機ついて、入替の変更承認申請書の表紙の次に添付のある遊技機一覧表に項目を追加し、検定機と認定機との区別ができ、認定遊技機の認定年月日を記載することにより、遊技機の有効期限が分かるよう変更をお願いしたい旨の要望がありました。現在、当組合における各店舗様のデータ管理(PC)では、ホール様に設置されている遊技機について、認定機の判別が出来ない状態にあるのが現状です。県警本部からの要望に伴い、各店舗様の設置遊技機の区別(検定機及び認定機)を 明確にするため、認定機設置状況のご回答を頂きたく存じます。

つきましては、次の事項についてご協力をお願いいたします。

 ①.組合から各ホール様に遊技機一覧表を送付(自店最新版)
 ②.①の一覧表に認定を取得した遊技機で現在も営業所内に設置の認定機について、丸印とその認定機台数を記入。(この場合検定・認定が混在すれば検定台数も記入)
 ③.ご記入頂いた一覧表とその認定機の認定通知書コピーを組合まで返送または持参。

上記内容が記載された書類は奈良遊協が組合員ホールに送付したものですが、内容に関しては奈良県警が奈良遊協側に要望したものとなりますので、実質的には県警の要望内容と言えるでしょう。上記内容が実施されますと、各組合員ホールにおける検定/認定機の判別および設置台数、並びに設置許可期限等が明確となります。所謂「みなし機」等の撤去に関わる管理・監督をより行いやすくなると共に、本要望の送付自体が正しい運用や撤去を後押しするもの(圧力)だと考えられます。

関連して、滋賀県や群馬県、福島県、山梨県等で「みなし機撤去に関する調査」として各県警が立ち入り調査を行っております。根幹部分は本件と同義ながら、県遊協を通した通達という形ではなく、各ホール店舗への直接的な立ち入り調査はより強い印象を受けます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事