全日、旧規則機撤去の方針を発表

2019年4月19日、全日理事会において「旧規則機の取り扱いについて」の取組が決議・公表されました。内容は以下の通り。

 

決議内容(2019.04.19)

健全なぱちんこ営業に向けて、旧規則機のうち検定・認定の有効期間を満了した遊技機の撤去を業界全体として推進するため、以下のとおり取り組むこととする。

1.旧規則機の区分について
(1) 改正規則の施行日前に検定・認定の有効期間が満了した遊技機
[A] 比較的射幸性の低い遊技機
[B] 上記の [A] 以外の遊技機

(2) 改正規則の施行日後に検定・認定の有効期間が満了する遊技機
[A]すでに検定・認定の有効期間が満了した遊技機
[B] 今後、検定・認定の有効期間が満了する遊技機

2.旧規則機の取扱いについて
旧規則機の取扱いについては次のとおりとする。
【1】万が一設置していた場合、速やかに撤去する遊技機
⇒ 旧規則機の区分(1)の「B] 及び(2)の[A]

【2】検定・認定の有効期間が満了するまでに撤去する遊技機
⇒ 旧規則機の区分(2)の[B]

【3】2019年12月31日までに撤去する遊技機
⇒ 旧規則機の区分(1)の[A]

(1)の[A]に記述されている「比較的射幸性の低い遊技機」の定義が曖昧ではありますが、一般的に言われる「みなし機」を期限を決めて完全撤去する効果は見込める決議内容と読むことができます(※一部、検定・認定時期により2019年末以降も設置され続ける機種も存在)。実際のぱちんこ店で考えてみた場合でも、現時点でみなし機となっている機械が本年度末で完全撤去という事になりますので、大きな影響があると言えるでしょう。以降、必要になる要素としては「ルールの周知」と「厳守の徹底」ならびに「罰則・対応規定」ですので、継続的な尽力・協力が期待されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事