スポンサーリンク

警視庁保安課の係長が広告宣伝の健全化等に言及

2019年10月16日、東京都内で行われた「2019年度遊技場経営者研修会」に於いて、警視庁保安課風俗営業係長「高橋正樹」氏による行政講演が行われ、当該の講演内にて悪質・巧妙な方法を用いた広告宣伝に対する言及・牽制がなされました。要旨は以下の通りです。

 

講演内容の要旨(2019.10.16)

ぱちんこ営業が今後も健全な遊技場営業として、広く国民から支持されるために必要と考えられる事は以下の五点である。

1.依存防止の対策
2.広告宣伝の健全化
3.不正改造及び無承認変更問題
4.反社会勢力の排除
5.犯罪防止と防犯対策

広告宣伝に関して、一部ではLINE,TWITTER,BLOG等を利用した悪質巧妙な手口が散見される。ネット上の広告宣伝を注視し、違法な営業には厳しく対処する。

・隠語を使用
・削除設定(期間限定公開)による短時間露出
・有名コスプレイヤーに来店情報を発信させる
・営業時間中、従業員が遊技客に耳打ちでイベント告知
・ぱちんこ系ウェブサイト運営会社にイベント情報発信を依頼

警視庁(東京都)における講演内での出来事とのことですが、高橋正樹氏の指摘するような広告宣伝方法は全国的に行われていると言っても過言ではありません。都道府県毎に広告宣伝規制の内容は異なりますが、決定した内容(基準)が再度崩れつつあるようなエリアも多数存在しており、不公平感も少なからず噴出している事から、足並みを揃えた対応が求められる状況と言えるでしょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事