スポンサーリンク

東京エリアにおける広告宣伝規制を徹底

健全化センターだより(No.38)
この度、3月28日開催の都遊協理事会において、「広告宣伝規制の徹底のための規制対象の明文化について」が決議されましたので改めて各店舗に徹底をお願いします。以下のような事例は全て今回の規制対象に含まれます。

◎ 特定日(旧イベント日やゾロ目日、数字の付く日、店舗キャラクター誕生日、創業日など)に取材を受ける
◎ 特定日のみの特別賞品(店舗キャラクター賞品等) 販売告知
◎ 営業者の関与が思料される取材元 (ライター等も含む)での全ての事前告知
 ・市区町村・沿線・駅名での示唆
 ・店舗に対応した取材名やライターでの示唆 ・取材前日や当日に合わせて過去レポート掲載して示唆
 ・「明日は○○(飲食店名など近隣ランドマーク)行きます」などの事前告知を目的とした隠語・写真・動画等での示唆
 ・取材日告知に関わるその他全て

取材元が取材日を漏らしている事実を知りながら利用することは店舗が関与しているとの疑義を受け、都条例第7条の著しく射幸心をそそるような行為に抵触するおそれがあります。また最近では、一般ユーザーを装った大会やオフ会なども見受けられますが、関与しないようお願いします。

東京エリアは「事前告知禁止」である事は以前から継続しておりますが、市区町村名での示唆が明確に禁止された(明文化された)事には一定の価値があります。またライター個人及び一般人を装った関係者によるツイッター等での告知にも牽制が入っており、規制を次段階に進める可能性を示唆するような、いわば「最終警告」の意味合いの文書とも言えるでしょう。

ぱちキュレ
現在進行形で上記ルールに反した活動を行っている媒体が複数存在するよね。
(イベント会社の大手連中だから、気になる人は調べてね)

ぱちキュレ
自らが作ったルールを自ら破る

こんな業界がホワイト化を謳うとか笑っちゃうw

ぱちキュレ
ぱちんこ広告協議会(paa)も本当に何もしないし。
建前だけでも守るかなと思ったら、ダメだこりゃ。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事