スポンサーリンク

SANKYO×イーサリアム(Ethereum)

2019年11月5日、株式会社CryptoLabと株式会社SANKYOは仮想通貨(暗号通過)「イーサリアム(ETH)」のブロックチェーン技術を用いた『dApps神社』のサービスを開始しました。要旨は以下の通りです。

 

『dApps神社』は仮想通貨イーサリアムとその根幹技術であるブロックチェーンを使ったdApps※占いサービスです。利用ユーザーは1回0.02ETH※で占いを購入すると、30日間は毎日無料で本格的な占術による占い結果を見ることができます。さらに占いのおまけとして、他のdAppsゲームで使えるキャラクター、アイテム等のアセットやdApps神社オリジナルアセットと交換できるチケットが貰えます。

※「dApps(ダップス)」=ブロックチェーン技術を利用したアプリの総称
※「ETH(イーサ)」=仮想通貨イーサリアム

パチンコ及びパチスロ製造メーカーであるSANKYO社の話題として紹介させて頂きましたが、CryptoLab社がブロックチェーン関連のサービス開発のサポートを行う企業である点を踏まえると、本格的にSANKYO社がブロックチェーン事業を開始した、と捉える必要は無いように思われます。但し、SANKYO社が行っている小説等のコンテンツ創造系の事業と結びつける予定があるとの事ですので、そちら方面には注目する価値がありそうです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事