ぱちんこ業界の凋落、止まらず

2019年7月11日、ダイコク電機株式会社は「DK-SIS白書2019」の発表を行いました。記者会見の概要および発表内容の要旨は以下の通り。

 

ダイコク電機社の発表(2019年7月11日)
・ダイコク社が「DK-SIS白書2019」を発表
・会員数の増加で有効台データ数が市場設置の約1/3に

【総評】
 業界総粗利は「3.52兆円 → 3.38兆円」に減少
 総売上は「21.4兆円 → 20.7兆円」に減少
  …遊技機利益は概ね横這い
 遊技機の販売台数は直近三年間で「-約40%」の減少

【個別】
 ぱちんこ遊技機の長期下落に一定程度の底打ち感有
  …下落傾向が継続している点は変わらず
  …2019年は(前年比で)さらに下落する事がほぼ確実
  …ミドル帯機の各数字が悪化
 回胴式遊技機の微増加傾向は継続
  …2019年も(前年比で)横這い以上を想定
  …但し、6号機移行に関する懸念材料有

遊技機利益の横這いに関しては正に新機種販売数が少なかった事が影響しており、ぱちんこホールにおける利益圧迫要素としての「新機種購入費用」が浮かび上がります。全体の傾向に大きな変化が見られず、またぱちんこ及び回胴式遊技機の対比関係にも大きな変化が無い事から、足元では「みなし機撤去(2019年末)」および「6号機への完全移行(2021年1月末)」に引き続き注目すると共に、ターニングポイントを生む可能性を持つ「おだち源幸」氏に殊更大きな期待を寄せる業界側の心情も納得できます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事