群馬遊協、イベント媒体二社の具体名を提示

2019年7月23日、群馬県遊技業協同組合(群馬遊協)は組合員ホールに対し、文書「ライター取材等のイベントに係る広告・宣伝の基本的運用の再徹底について」を送付しました。要旨、内容は以下の通り(併せて別添資料「広告宣伝の基本的運用」も紹介させて頂きます)。

 

ライター取材等のイベントに係る広告・宣伝の基本的運用の再徹底について
令和元年7月9日付、群遊協号外において、P-world等における台の入れ替えの事前告知について、行政からの指導の更なる遵守をお願いしたところですが、再度、下記のとおりイベントの事前告知について行政から指導がありました。群馬県における「広告・宣伝の基本的な運用」につきましては組合員のみならず、非組合員の皆様にも平成30年9月1日付、群遊協第29号「適正な広告・宣伝の徹底について」により、お願いをしておりますので、再度、次の点について徹底していただきたくお願いします。

①.再徹底事項
行政からの指導に基づき、平成30年9月1日付け、群遊協第29号「適正な広告・宣伝の徹底について」により、ライター取材等のイベント告知については、店内告知、インターネット等による告知を問わず、いずれも当日のみとの通知をしているところですが、再度行政から

・DMMぱちタウン
・スロパチステーション

等において、イベントの事前告知が横行しているとの指導がなされました。現在までのところ、行政では、イベントそのものの開催を制限しているものではありませんが、事前告知によるイベントは、射幸心をそそるおそれのある方法での営業に該当する可能性が極めて高いと判断される恐れがあります。つきましては、上記通知の再徹底を管理者のみならず、従業員にまで徹底されるようお願いします。

②.その他
 (1)疑義等ありましたら、当組合までお問い合わせ下さい。
 (2)次の通知を添付します。
  ・平成30年9月1日付け、群遊協第29号「適正な広告・宣伝の徹底について」
  ・平成30年9月1日付け、群遊協メモ
  ・令和元年7月9日付け、群遊協号外「広告・宣伝の基本的運用の再徹底について」
 (3)下記に対しましても協力依頼文書を発出しておりますことを申し添えます。
  ・(一社)ぱちんこ広告協議会
  ・合同会社DMM.com
  ・株式会社ZIZAI

添付:広告・宣伝の基本的運用(群馬遊協)
ライターや雑誌の取材、有名人等の店内における来店の宣伝・告知方法「本日(又は当日の日付)来店」のみとします。従って来店スケジュールや近日来店取材等の宣伝・告知は出来ません。なお、インターネット、ライン、メール、SNS等についても、当日のみとし、事前告知はNGとします。新聞・チラシによる告知は出来ません。

新台入替の宣伝・告知については

新聞折り込みチラシ
「本日(又は当日の日付)新台入替」のみとします。当日の日付の場合、特定の日との関連性が疑われる場合にはNGとなることもあります(海の日や月と日が重なるゾロ目日等)。

店内告知
変更承認申請が受理された後は、「近日 新台入替(予定)」の表現を店内においてのみ、使用する事が出来ます。

インターネット等
インターネット、ライン、メール、SNS等については、当日以降とし、事前告知はNGとします。

また、「リニューアルオープン 〇日目」等は、明らかな行政処分対象の表現となります。

以前から「基本的に広告宣伝は当日告知のみ」とされていた群馬県ですが、従来迄はそのような規制が無いかのように告知・宣伝が行われていた、と言うのが実情でした。しかし上記資料にもある通り、行政からの具体的なメディア名を挙げた指導が有ったことにより、群馬県遊協も規制を徹底して行う形とならざるを得なかった、と考えるべきでしょう。

 

関連:他府県における広告宣伝規制(自粛)情報

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事