奈良県、広告宣伝規制の周知・厳守を徹底

2019年4月上旬、ぱちんこ業界関係者により奈良県における広告宣伝規制の再徹底および規制内容に関する書面が公開されました。要旨は以下の通り。

 

奈良遊協下における自主規制内容

広告宣伝の自主規制については、本年3月20日付け文書により通知させていただきましたが、一部店舗におきましては、屋台・野菜市・物品の販売等のイベントの告知が行われる等、未だ自主規制が厳守されていない現状にあります。

今回の自主規制は、行政当局から出玉イベントを想起させる著しく射幸心をそそる恐れがある表現の広告宣伝が認められることから、広告宣伝については、昨年11月貴組合の研修会で指示させてもらったことを再認識して頂き、健全営業に努められたい旨の指導を受け、当遊協理事会において決議された事であります。

本規制はライター取材、雑誌取材及び来店イベントなど名目如何を問わず、すべてのイベントの告知については、店内・店外ともに、事前・当日・事後の告知をすべてを禁止する。

としておりますので、この点を今一度厳守の上、健全営業に努められますように、再度お願い致します。

注目すべき点としては、

・野菜市等のグレー企画を「イベント」として明確に取り上げている点
・改めて全イベント告知を「場所」「告知タイミング」を問わず禁止としている点

でしょう。特に野菜市や屋台等に関しては、広告宣伝規制が強められるに従って存在感を示してくるものだと思われますので、先手を打った形で明文化しておくことに価値があると言えるでしょう。

ぱちキュレ
奈良県が死亡とか言われがちだけど、むしろこれで純粋な状況に戻れるんじゃない?
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事