滋賀県遊協が広告宣伝の自主規制を決定

2019年4月23日、滋賀県遊協は組合員ホールに対し「広告宣伝の自主規制について」を文書にて通達しました。要旨は以下の通り。

広告宣伝の自主規制について
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、行政当局からの「広告宣伝に関する指導」を受けて、昨日開催されました理事会において、次の通り滋賀県遊技業協同組合としての「取材」等の広告宣伝に係る自主規制が決議されましたので通知します。
組合員各位におかれましては、この規制を遵守されますようお願い申し上げます。

1 規制制定日
平成31年4月22日

2 自主規制内容
・規制項目
「取材」等の広告・宣伝に係る自主規制

・規制内容
ライター取材、雑誌取材及び有名人の来店イベントなどの名目の如何を問わず、
告知については、店内・店外ともに、事前告知(取材予定日の告知を含む)、当日告知、事後告知(記事等の掲載を含む)の全てを禁止する。

・規制対象媒体
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、折込チラシなどの紙媒体、ポスター、POP・掲示板などの店内販促物、インターネット、・SNS・ブログ・Twitter・LINE・Facebook・YouTube・InstagramなどのWEB媒体など、全ての全媒体。

・規制範囲
営業者及び営業者からの関与か思料される広告会社・企画会社・個人などが行う全ての広告・宣伝に対する告知。

・規制開始日
2019年6月1日

店内・店外共に、事前・当日・事後の全てに於いて、営業者だけではなく関与が思料される広告会社等全ての告知と、規制の範囲があらゆる方面に及んでいる点に注目でしょう。本規制により、6月1日以降は加盟店に於けるイベント取材等が実質的に不可能となる事を意味しています。

すろまに
ついに滋賀県にも規制来ましたね。この広告規制の流れはこのまま関西圏全域に及ぶ可能性が高い気がします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事