スポンサーリンク

大阪の三店方式構図が停止か

2020年4月16日、大阪府遊技業協同組合(大遊協)が組合員ホール等に対し、文書『賞品の集配送業務・交換業務の停止について(連絡)』を送付しました。内容は以下の通りです。
 

「大和産業」×「集配・交換業務の停止」
令和2年4月16日
大阪府遊技業協同組合
支部(組合)長各位
組合員ホール各位

大阪府遊技業協同組合
理事長 平川容志

賞品の集配送業務・交換業務の停止について(連絡)

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。さて、本日、各位と取引のある「大和産業株式会社」の中元・代表取締役社長名で、同社従業員等の感染リスク排除及び交換所出納員の感染リスクを排除する必要上、明後日の4月18日(土)から当分の間、同社が取り扱っている賞品の集配送業務等の業務全般、及び同社が委託運営している交換所の運用を停止するとの連絡を受けました。

新型コロナウィルス感染症の拡大が続き、医療崩壊が大きく取り上げられている現状からして、同社の判断は了承せざるを得ないものと思われます。各位にありましても、ご理解を賜りますようお願い致します。なお、大遊協執行部では、各位に「新型コロナウィルス感染症の拡大防止」に向けて、緊急事態宣言の翌日にホール営業の休業を要請し、さらに大阪府知事が府下の「ぱちんこ営業」等の事業者に休業要請を行った当日の4月13日付けで、再度、休業に関する連絡を致しました。

現況の「新型コロナウィルス感染症の拡大状況」は、医療崩壊に繋がる危険水域にすでに入っているとの感染症専門家の意見が報道されております。医療御壊から社会混乱が目前に迫っております。各位にはご理解いただいているものと存じますが、平穏な社会があっての娯楽であり、ぱちんこ営業であります。ぱちんこ営業者が置かれている厳しい状況を再確認いただき、社会の一員としての責任を果たすとの覚悟を持って、引き続き休業を継続していただきますようお願いします。

大阪府下における三店方式の一角を担う法人方より、新型コロナウイルス感染症を鑑みた「業務停止」の影響に依り、4月18日より当面の間、景品交換所が停止することとなるようです。ユーザー目線では「換金」が行えなくなる事を指し示すモノですので、営業上・仕組上、その影響度は致命的だと言えます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事