スポンサーリンク

イラン事案による金価格高騰で…

2020年1月8日,9日、イランによるミサイル発射の影響を受けリスクオフ資産である「金」の価格が大きな高騰を起こす事態となりました。それを受け、主に東京エリアで流通する「金を内包した特殊景品(TUC景品)」のひとつである『1グラム金景品(TUC大景品)』の市場流出が懸念されており、TUC側の対応策として「1月10日よりTUC大景品の価格変更」を行われる運びとなりました。
 

【追記(2020年1月10日)】

都遊協加盟ホールは、2020年1月10日交換分より大景品の交換玉(メダル)数を変更するとのお知らせが公開されました。既存では「5,500円」であったものが「6,000円」となる形です。

 参考

現行(2020年1月9日現在)のTUC大景品(金1グラム)の買取価格|5,500円
一般市場の金1グラムあたりの買取価格|5,955円

※1/9現在,田中貴金属工業の発表準拠

東京都のTUC景品(大景品)の価格がまた変わりますね。10日の開店から適用、POSや景品払い出し機の設定変更でパニックになるので事情はあるのだろうがもう少し早めに教えて欲しかったなぁ…。

転売及び買取業者の動きが活発化

本件に伴い、個人若しくは集団によるTUC景品(金景品)の転売活動が活発化している様子が目立っています。下記にて、その一部を紹介させて頂きます。

ぱちキュレ
トランプ君が攻撃性をみせなかったし少し落ち着いてきたけど…東京の人はちょっと楽しめそうだねwwwwwww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事