スポンサーリンク

緊急事態宣言発令時のパチンコ店への影響

2020年4月6日、東京都に於いて「緊急事態宣言」が発令された場合の「緊急事態措置」として、パチンコ店への言及が各主要メディアで取り上げられておりますので紹介させて頂きます。

「東京都」×「非常事態宣言」
緊急事態宣言が出された場合、東京都が実施する「緊急事態措置」の詳細が判明。  

関係者によると、カラオケ、パチンコ店、キャバレーやバーなどの娯楽施設に「特に強く休止を要請」、大学や学習塾、商業施設、遊戯施設には「基本的に休止を要請」する。幼稚園や小中学校、高校などに休止を要請、保育所や障害者施設、高齢者施設については「感染防止対策の協力要請」に留める。病院やスーパーマーケット、公共交通機関や銀行、工場や飲食店などは、「感染防止対策の協力を要請した上で、業務を継続」とする。

執筆現在(4月6日昼時点)、週末休業を行った東京都内の各パチンコ店は営業を行っております。2020年4月7日に発令が想定される「緊急事態宣言」発令後の行政側の措置内容が示された事で、今週(4月6日-12日)中の営業方針を喫緊の課題として決定しなければならないフェーズとなりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事