スポンサーリンク

『ウルトラ級ライトミドル×超乱舞』を考察

本記事は2021年11月16日導入新台「Pぱちんこウルトラセブン超乱舞」を複数の角度から考察するものです。また、各数値及び未確定情報は「ぱちんこキュレーション調べ」となっておりますので、ご理解の上で参考頂きますようお願い致します。

 本記事の主役

  • Pぱちんこウルトラセブン超乱舞(京楽)

機種情報

Pぱちんこウルトラセブン超乱舞K4(KYORAKU)

  • 導入日は2020年11月16日
  • 人気「ウルトラ×パチンコ」シリーズ最新台
  • ライトミドル199革命を謳う本気スペック
  • JACK POTシステムを昇華させた継続率90%「超乱舞RUSH(ループ)」
  • 500回転消化で最上位「∞(インフィニティ)RUSH」突入確定

 

▼ スペック詳細

デジタル確率|1/199.9
RUSH中実質確率|約1/51.0
小当たり確率(特図2)|1/68.4
時短回転数|7回,55回,95回,496回,750回
天井時短(遊タイム)発動契機|低確500回転消化
天井時短(遊タイム)恩恵|時短750回転
賞球数/カウント数|3&1&2&5&10/10C

ヘソ(特図1)
3R通常(95回)|15.0%
3R通常(55回)|35.0%
3R通常(7回)|50.0%

乱舞ループ中(特図2)
10R通常(496回/超乱舞ループ昇格)|25.5%
10R通常(95回)|8.6%
10R通常(55回)|17.9%
3R通常(95回)|11.9%
3R通常(55回)|36.1%

超乱舞ループ中(特図2)
10R通常(496回)|25.5%
10R通常(95回)|26.5%
3R通常(95回)|48.0%

すろまに
ライトミドルでありながら継続率90%の超乱舞RUSHを搭載していることが魅力と言えますね。
スポンサーリンク

比較(vsPハーデス-ザ・ワールド-)

類似した機種として、同じライトミドル帯のP機であり、初回ハードル突破で高継続ループに突入する「Pアナザーゴッドハーデス2SC(メーシー)」と比較してみましょう。

項目 超乱舞 アナゴ
導入日 2020.11 2020.8
開発元 京楽(KYORAKU) メーシー(MACY)
導入台数 約20,000台 約5,000台
仕様 1種2種混合タイプ
初回突破型
ジャックポット機能有
1種2種混合タイプ
初回突破型
大当たり確率 1/199.9→1/51.0 1/199.8→1/61.3
ヘソ賞球 3個 3個
遊タイム 500回消化→時短750回付与 非搭載
RUSH突入率 63% 52%
RUSH継続率(最大) 90% 82%
RUSH中当たり出玉(特図2) 最大:10R(52%)
約1,000個
最大:10R(25%)
約1,300個
備考 遊タイム突入時は超乱舞ループ状態に直行 特に無し

アタッカー賞球数の関係上、10ラウンド時の出玉はアナザーゴッドハーデス-ザ・ワールド-に軍配が上がりますが、その比率は25%と低めの水準。他方、通常遊技時に於いては、浅めの回転数(500回転)が条件となっている遊タイムで最上位RUSHに突入するウルトラセブン超乱舞が優位、最上位モードにおける継続率も同機は約90%という大台に乗せる性能を有しています。

すろまに
こうやって見ると高い爆発力を持っていることが分かりますね。

考察(JACKPOT-超乱舞RUSHの仕組み)

まず、一般的に公表されている状態別大当たり振り分けを整理すると下記となります。

 大当たり振り分け(一般)

通常時(特図1)
3R通常(95回+残保留4個)|15.0%
3R通常(55回+残保留4個)|35.0%
3R通常(7回+残保留4個)|50.0%

乱舞ST/乱舞RUSH中(特図2)【乱舞ループ状態】
10R通常(496回+残保留4個/超乱舞ループ昇格)|25.5%
10R通常(95回+残保留4個)|8.6%
10R通常(55回+残保留4個)|17.9%
3R通常(95回+残保留4個)|11.9%
3R通常(55回+残保留4個)|36.1%

超乱舞RUSH/∞RUSH中(特図2)【超乱舞ループ状態】
10R通常(496回+残保留4個)|25.5%
10R通常(95回+残保留4個)|26.5%
3R通常(95回+残保留4個)|48.0%

上記の通り、最上位「超乱舞ループ状態」に移行する為には「特図2経由の10R大当たり(25.5%)」に当選する必要がございます(※遊タイム発動経由でも突入可能)。ここで注目したい点が当該振分数値「25.5%」。こちらは特図2の実質大当たり確率(約1/51.0)のうち、デジタル直撃(約1/199.9)が占める割合と一致する数値となります。

ウルトラセブン超乱舞 デジタル直撃

従いまして、最上位「超乱舞ループ状態」に突入させる為には、特図2経由でデジタル直撃大当たり(約1/199.9)に当選する必要があると推測する事が出来ます。

また、1種2種混合機における「小当たり→V入賞」の仕様を利用した電チューサポート要件を用いていると仮定すると、各モードの電チューサポート終了条件は下記の形が推測されます。

 各モードの電サポ終了条件(推測)

乱舞ST
 …時短7回消化or小当たり当選迄
乱舞RUSH
 …時短55回or95回消化or小当たり当選迄
超乱舞RUSH
 …時短95回消化迄
∞(インフィニティ)RUSH
 …時短496回消化迄

※小当たり当選で電サポが終了する状態(乱舞ST,乱舞RUSH)に滞在している際の「小当たり→V入賞→大当たり」は、小当たり当選時点で電サポが終了する為、その大当たりは「電サポ無し時の大当たり」として扱われます。

以上の考察及び推測を織り込んだ上で大当たり振り分けの再整理を行うと、以下のように表現する事が出来ます。

 大当たり振り分け(考察&推測込)

特図1(デジタル直撃)
3R通常(乱舞ループ「乱舞RUSH:95回」移行)|15.0%
3R通常(乱舞ループ「乱舞RUSH:55回」移行)|35.0%
3R通常(乱舞ループ「乱舞ST:7回」)|50.0%

 

特図2(デジタル直撃+小当たりV入賞経由)
10R通常|25.5% 【デジタル直撃】
 電サポ状態不問:超乱舞ループ「∞RUSH:496回」移行
10R通常|8.6% 【小当たり経由】
 電サポ無し時:乱舞ループ「乱舞RUSH:95回」移行
 電サポ有り時:超乱舞ループ「超乱舞RUSH:95回」移行
10R通常|17.9% 【小当たり経由】
 電サポ無し時:乱舞ループ「乱舞RUSH:55回」移行
 電サポ有り時:超乱舞ループ「超乱舞RUSH:95回」移行
3R通常|11.9% 【小当たり経由】
 電サポ無し時:乱舞ループ「乱舞RUSH:95回」移行
 電サポ有り時:超乱舞ループ「超乱舞RUSH:95回」移行
3R通常|36.1% 【小当たり経由】
 電サポ無し時:乱舞ループ「乱舞RUSH:55回」移行
 電サポ有り時:超乱舞ループ「超乱舞RUSH:95回」移行

すろまに
超乱舞RUSHに入れるには基本的に乱舞STや乱舞RUSH中に1/199の直撃を引く必要があるということですね。

すろまに
そして遊タイムはそのハードルが免除されるので狙う価値がありそうです。

状況&演出等

ウルトラセブン超乱舞

ライトミドル革命×ウルトラシリーズ最新機種
前作「ウルトラ6兄弟(1/319)」とは異なる確率帯
他社機には無いジャックポット仕様による最上位モード

前作「ぱちんこウルトラ6兄弟」
 …2020年1月に発売された
 …発売間隔は「約10ヵ月」

すろまに
このジャックポット仕様によって他にも面白い機種が出てきそうな気がしますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事