スポンサーリンク

菅官房長官がパチンコ店のCOVID-19対策に言及

2020年3月10日、菅義偉(すが よしひで)官房長官は会見の場にて「新型コロナウイルス感染症流行に伴うパチンコ業界の対策・措置」に言及を行い、話題となっています。要旨は以下の通りです。
 

「菅官房長官」×「ぱちんこ業界のCOVID19対応」
警察庁がぱちんこ業界に対して、従業員に感染拡大しないような職場の整備についての特段の配慮、遊技機のハンドルなど、不特定多数の人が触れる場所を消毒するなど感染防止措置を要請している。また、自主的な取り組みとして、集客を目的とした広告宣伝の自粛を各パチンコ店に求めたほか、感染拡大を受けて、休業日を設けた店舗もあると聞いている。引き続き、警察庁が政府の基本方針を踏まえ、パチンコ業界で適切な対応が取られるよう指導する。

発言内容としては現状を伝えるものでありましたが、「官房長官による会見の場での発言」と言う観点では大きな意味があるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事