スポンサーリンク

新台前線に新型コロナの影響

2020年2月20日、パチンコ業界関係者のSNSより「遊技機製造メーカーの部品調達がコロナウイルス感染症の影響に伴い困難となっている」旨の文書が公開され話題となっています。内容は以下の通りです。
 

パチスロメーカーに対する新型コロナの影響

コロナウイルス感染による回胴式遊技機の部品調達の影響

1.コロナウィルス感染が回胴式遊技機の製造に必要な部品の調達に影響の有 無について、組合員及び賛助会員に調査を実施した結果、影響有りは26社中22社で約85%は影響があると回答した。影響なしは組合員4社のみであった。  

2.調査を実施した組合員(21社)及び賛助会員(5社)の計26社の回答  

(1).影響有り22社 内訳(組合員17社 賛助会員5社中5社)
(2).影響無し4社 内訳(組合員4社)
 

3.影響がある場合の主な理由  

(1).中国当局の許可が得れないため、出荷が出来ない状態。現時点で中国の工場が2月中操業(稼働)停止となっている。また、長引けば他の工場も操業(稼働)停止と連絡を受けている。
(2).中国生産部品において、中国政府の指示により春節明けの操業開始が遅れており、一部地域では人の往来ら物流に制限が掛かっている。操業が開始されても作業者が集まらず稼働率が大幅に下がっており、部品業者 が生産出来ない状況となっている。
 

断片的な情報としてパチンコスロット新台導入スケジュールの遅れが挙がっておりましたが、今回、(一定程度)オフィシャルな形で遊技機メーカー全社の影響が出ている事が判明しました。当該の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に於いては、効果的な対応策やワクチン等の目途は立っておらず、次フェーズでは日本国内における感染進行による影響まで視野に入れておくべきでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事