スポンサーリンク

全国の低,高設定投入状況

2019年1月5日、業界関係者(設定師)のTwitterアカウントが「回胴式遊技機の設定投入割合(全国平均)」に関する情報を公開・発信し話題となっています。内容は以下の通り。
 

大手も含めて全国平均で設定6を使ってるのは1%程度なのはご存知だろうか?  

詳細な数字を載せるなら…  

全国平均投入割合
設定6…0.65%
設定5…1.2%
設定4…4.66%
設定3…9%
設定2…25.58%
設定1…58.92%
 

さらに深掘りをしてAT/ARTのみに絞って検証してみましょう。  

全国平均投入割合(※過去半年間の集計)
設定6…0.79%
設定5…0.51%
設定4…2.82%
設定3…1.75%
設定2…19.54%
設定1…74.59%
 

設定1+設定2の割合は「約95%」と言う事です。  

パチンコホール運営もひとつの商売であり、株式会社の事業である訳ですから「利益を追求」しなければ本末転倒です。そのように考えると「設定6」に代表されるようなユーザー側の利益(ホール側の損失)となるような要素は、あくまでも「設定1」に代表されるようなホール側の利益増加に繋がる要素を促進する為に存在するツールだと言えます。全国的にはユーザー数が減少傾向にある事実を踏まえ、過度な期待やのめり込み依存とならないよう、適切な距離感及び温度感を持って嗜む事が得策でしょう。

ぱちキュレ
うち的には1円パチンコとか5円スロットが良いとおもう😋😋😋すぐお金なくなる!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事