スポンサーリンク

b時短要件の緩和

2022年3月30日の警察庁による「遊技機規則の解釈基準改正及び施行」に於いて、b時短機能(通称「遊タイム」)に関する要件変更がありました。
内容は以下の通りです。
 

遊タイム発動要件の変更

b.条件装置の作動確率が低い値となっている間に、条件装置の作動に係る抽せんの結果につき、設定ごとにあらかじめ定められた回数連続して(1/MLの1.5倍以上3.0倍以下の回数に限る。)条件装置が作動しなかったことを契機として変動するものであって、当該変動が、あらかじめ定められた回数の条件装置の作動に係る抽せんを行うまでの間に限られているもの(変動している間に獲得された遊技球数を発射された遊技球数で割った値が、1を超えないものに限る。)

https://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20220330.pdf

本改正前:「1/MLの2.5倍以上3.0倍以下の回数に限る」
本改正後:「1/MLの1.5倍以上3.0倍以下の回数に限る」

上記により、(従来機比で)「より浅い回転数帯でb時短(遊タイム)を発動可能」となります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事