スポンサーリンク

パチンコ機の規定出玉強制終了機能の布石?

2022年3月30日、警察庁は遊技機規則の解釈基準改正及び施行を通知しました。
要旨は以下の通りです。

 

技術上の規格解釈基準改正(一部抜粋)

技術上の規格解釈基準について(通知)

遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則(昭和60年国家公安委員会規則第4号)第6条における技術上の規格のうち、別表第2から別表第5までの解釈基準については、「技術上の規格解釈基準」(令和元年12月20日付け警察庁丁保発第177号)により示していたところであるが、この度、別添のとおり改正し、令和4年3月30日より施行することとしたので、通知する。なお、旧通知は令和4年3月29日をもって廃止する。

--中略--

遊技中に遊技を停止することを可能とする性能であって、あらかじめ定められた遊技を停止させる条件に達する前に、その条件に達するまでの定量的な変化を遊技者の遊技の公正を害さないように報知する措置が講じられているものは、本規定(遊技の公正を害する調整を行うことが出来ない事)に抵触しない。

https://www.npa.go.jp/laws/notification/seian/hoan/hoan20220330.pdf

上記の通り、あらかじめ定めた上で遊技者に報知する仕様であれば「規定出玉到達で遊技の強制終了を可能」とする方向性であり、巷で囁かれていた「コンプリート機能」に該当するものでしょう。今後の焦点としては、当該機能の組込時期や規定出玉基準(〇万発 等)、回胴式遊技機における”差枚数2400枚上限”との兼ね合い等が予想されます。

ぱちキュレ
スマートパチンコ(スマパチ)、これ入れてきそうだよね😈ww

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事