スポンサーリンク

新台『令和2年11月2日導入』×『人気アニメミドル機』

本記事は2020年11月第1週目(2日)導入の新台における一部の機種を複数の角度から比較するものです。また、各数値及び情報は「ぱちんこキュレーション調べ」となっておりますので、ご理解の上で参考頂きますようお願い致します。

 本記事の主役

  • Pとある魔術の禁書目録(藤商事)
  • Pルパン三世 復活のマモー(平和)

スペック数値の比較

項目 禁書目録 ルパン
全国導入日
2020年11月2日(月)
開発元 藤商事(FUJI) 平和(HEIWA)
導入台数 約15,000台 約15,000台
仕様 確変ST 確変リミット
大当たり確率 1/319.6 1/319.8(実質)
ヘソ賞球 1個 1個
遊タイム条件 低確800G消化 非搭載
RUSH突入率 100.0% 約83.4%(TOTAL)
RUSH継続率(平均) 約78.8% 約71.6%
RUSH中当たり出玉(特図2) 最大:10R(70%)
約1,500個
最大:10R×7回(100%)
約2,000個
備考 ST最終4回転は電サポ無し 出玉2,000個はオーバー入賞等込の期待値

 

とある魔術の禁書目録

  • 安定志向タイプ
  • 大当たり当選で必ずラッシュ(ST154回)を楽しめる
    遊タイム天井(b時短)を搭載

ルパン三世 復活のマモー

  • 荒波偏向タイプ
  • 初回(最終決戦)突破で約2,000個×約72%ループ
    内部的には初当たり確率1/22の潜伏有&リミット仕様

ぱちキュレ
インデックスはめっちゃ素直、ルパンは難しい仕組みを使って2,000発ループを実現してるって感じ!
スポンサーリンク

状況&演出等の比較

禁書目録

今新台でとあるシリーズ初登場
(今後、とあるシリーズ機を複数展開の予定)
とある機械の最高性能-フルスペック-とのキャッチコピー

ルパン三世

今新台「復活のマモー」でシリーズ第11作目
前作「10-LAST GOLD-」とは異なるスペック方針
やや類似するのは「6-World is mine-」や「8-I’m a super hero-」
新専用筐体「ルパンザシアター」枠を採用
専用ギミック「ルパンキャノン」も目玉のひとつ

前作「CRルパン三世10-LAST GOLD-」
 …2019年1月に発売された
 …発売間隔は「約2年弱」

すろまに
この日は他にも新台導入が数多くあります。

ぱちキュレ
どっちも1回は打ってみたい!あとはお店がどっちに力入れてくるかを予想しなきゃだね!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事