スポンサーリンク

旧規則機の取り扱いを業界団体が決議

2020年5月20日、遊技業14団体で構成されるパチンコパチスロ21世紀会は文書『旧規則機の取扱いに関する決議内容について』を発出しました。要旨は以下の通りです。
 

「21世紀会」×「旧規則機の取り扱いに関する決議内容」
・21世紀会は「旧規則機の取扱い」を決議
 …メーカーや販社への影響も考慮したもの
・全パチンコ店は本決議内容に関する「誓約書」を提出
 …組合非加入店も例外なく提出して頂く
・遊技機入替の都度「新旧遊技機比率明細書」を所轄警察に提出
 

 決議内容

2020年5月の規則改正の施行日以降2020年12月31日までに当初(規則改正前)検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機の取扱いは以下のとおりとする。

・高射幸性回胴式遊技機については、それぞれ当初の検定切れ、認定切れの日付までに撤去するものとする。
・ぱちんこ遊技機の羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ(TS100 未満)及び回胴式遊技機のノーマルAタイプは、当初の検定切れ、認定切れの日付から7ヵ月(210日)以内に順次撤去を行う。
・上記以外の遊技機については、2020年12月31日までに撤去することとし、2020年5月20日時点の設置台数の15%を目途に毎月撤去を行う。

当初2021年1月1日以降に検定切れ、認定切れとなることとなっていた遊技機の取扱いは以下のとおりとする。

・高射幸性回胴式遊技機については、それぞれ当初の検定切れ、認定切れの日付までに撤去するものとする。
・上記以外の遊技機については、2021年11月30日までに撤去することとし、2021年1月31日時点の設置台数の15%を目途に毎月撤去を行う。

決議内容に基づく遊技機撤去期限表(POP UP)

旧規則機 撤去期限 21世紀会

業界一丸で対応すべき事案であるからこそ、メーカー及び販社等への影響を鑑み、単純な一年延長ではなく「毎月15%の段階的撤去(入替)」のルールを設けた内容となっています。また、組合加入の有無を問わない誓約書の提出が記載されている点から、”逃げ得”を生まない為の工夫を行う意思が感じられ、罰則や独禁法等への思慮があった事が伺えます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事