スポンサーリンク

大崎一万発&ヒロシヤング氏が『パチンコ滅亡論』を発売

2019年11月20日、ぱちんこ業界内で著名な「大崎一万発」氏と「ヒロシヤング」氏の共著である書籍『パチンコ滅亡論』の予約販売が開始されました。発売日は2019年12月20日となりますが、有名ライター「POKKA吉田」氏やカジノ研究の第一人者「木曽崇」氏もゲストで登場している事もあり、既に各方面から大きな反響が見られ、注目度の大きさがうかがえます。

 

『パチンコ滅亡論』

大崎一万発とヒロシ・ヤングが300ページ超のボリュームでパチンコ業界に断!パチンコ滅亡論は12月20日発売です。本書の大部分は大崎一万発とヒロシ・ヤングによる対談形式による、パチンコの諸問題についての激論です。また、注釈パートはイトシン氏とセールス森田氏による解説が入ります。

不況に強いと言われたパチンコ業界だが、矢継ぎ早に起きる業界を取り巻く変化に対応できず、苦境に立たされている。震災時のバッシング、パチンコ高射幸性機の登場と規制、低貸スタイルの定着、パチスロ5号機から6号機への移行、釘問題、YouTuberの登場と広告規制など。

ここ10年、業界ではさまざまな問題と出来事が起き、もはや娯楽の王様は過去の栄華……となりつつあるパチンコに魅入られ、半生を捧げた大崎一万発・ヒロシヤングの2人が「そもそもパチンコとは何なのか」?という根源的な問いから始め、メーカー、ホール、ファン、そして警察、さらにはカジノに依存症まで、パチンコ業界を取り巻くありとあらゆる問題に斬り込んだ一冊です。  

・ソー〇ランドと自衛隊とパチンコ
・パチンコライターをコ□したユーチューバー
・業界は「たいして勝てません」となぜ言えない
・カジノと依存とパチンコと……
・モザイクの薄さと射幸性
・混乱を招いた保安課長
・パチンコジャーナリストPOKKA吉田氏、カジノ研究家・木曽崇氏とのスペシャル対談も収録

 

ネット上の反応&意見、コメントまとめ

木曽崇:
あー、パチ業界にとっては余計な事をいっぱい喋ったかも(笑)

匿名@ぱちきゅれ:
早速予約しました。

匿名@ぱちきゅれ:
森田さん🤗🤗読ませていただきますね!😊😊

匿名@ぱちきゅれ:
予約購入完了しました!
お二人の久しぶりの著者楽しみにしてます!
年末年始の愛読書にします!

匿名@ぱちきゅれ:
お待ちしておりました!

匿名@ぱちきゅれ:
早速ですが、Amazonでパチンコ滅亡論予約しました。今から読むのが楽しみです。ワクワク❗

匿名@ぱちきゅれ:
予約しました😉自分へのクリスマスプレゼントです🎄🎁🎅🌟

ぱちキュレ
読んでみたいwwwwwアマゾンで1,650円、安くはないけど1円パチンコを1回我慢したら買える値段だよ!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事