基本情報

メーカー 株式会社ビスティ
機種名 カードバトルパチスロガンダムクロスオーバー
導入日 2019年10月7日
導入台数 10,000台
筐体 旧:「-」枠


スペック・解析情報

仕様・出玉率

仕様|AT
純増枚数|1.2枚/G-4.3枚/G
回転数/50枚(1,000円)|50回転
コイン単価|3.1円

出玉率
設定1|97.3%
設定2|98.8%
設定3|100.7%
設定4|103.5%
設定5|107.2%
設定6|108.6%

AT確率
設定1|1/296.4
設定2|1/285.8
設定3|1/285.0
設定4|1/286.6
設定5|1/271.2
設定6|1/222.7

CZ確率
設定1|1/116.3
設定2|1/117.4
設定3|1/117.5
設定4|1/117.8
設定5|1/118.6
設定6|1/119.6

通常時解析

通常時は周期抽選有
1回の流れは平均120G程度
 ①.ガシャパート(10G)
 ②.強化パート(1周期=15Gを5-8SET)
 ③.バトルパート(平均20G)
周期到達からCZ「自力バトル」へ移行
カードLvを上昇させ自力バトルで勝利出来ればATor疑似ボーナス確定(期待度「約40%」)
 (53%:AT「クロスオーバーラッシュ」/47%:疑似BONUS「クロスボーナス」)

天井・恩恵

周期天井
発動契機 8周期(約950G)
恩恵 AT確定

ボーナス解析

X-BONUS(クロスボーナス)

当選契機 バトル勝利(白7・白7・BAR)
獲得枚数 約30枚
内容 消化中はAT「X-OVER RUSH」昇格抽選有

AT解析

AT「クロスオーバーラッシュ」

突入契機 バトル勝利 等
継続ゲーム数 10G(強化区間/純増1.2枚)
20G+α(バトル区間/純増4.3枚)
セット継続率 約80%
内容 -

前半の強化区間では各第一停止リールの攻撃力を強化、後半のバトル区間では押し順ベルが攻撃の基本となりますが、重要となるのは「押し順ベルにおける第一停止リール」。前半部で強化したリールが「押し順ベルの第一停止リール」となった際は敵モビルスーツに大きなダメージを与える事が出来ます。

バトル区間で早期決着するほど勝利ランクが優遇され、次セットの初期カードが優遇されます。1-5戦目の勝率は「平均約80%」となります。なお敗北時は期待度約40%の周期に移行となります。

6戦目に特殊対決「モビルアーマーバトル」が発生、30ゲームのエンディング終了後に通常転落となりますが、バトルに勝利出来た場合は最初の周期(覚醒周期)で大当たり確定となります。モビルアーマーバトルの勝率は「約55%」となります。

スポンサーリンク

導入前情報

事前情報(2019.08.06)

・「G-AT」とは?
 ①.約80%継続のストレートAT
 ②.引き戻しを呼び込む2つの周期(ループ)
 ③.ナビが熱い新感覚押し順バトル
・「G-AT」だからこその数珠連
 …引き戻し率100%の覚醒周期
 …引き戻し率40%のG周期

事前情報(2019.08.05)

・一部情報が判明
 周期抽選有
 純増枚数は1.2枚-4.3枚
 AT名称は「X-OVER RUSH」
 X-BONUSという名称の疑似ボーナス有
・ATは6連後は一旦通常に落ちるとの情報有

事前情報(2019.08.04)

・限定公開のティザー告知映像が公開(以下、要旨)
 パチスロ×カードバトル
 革新型バトル「G-AT」始動

事前情報(2019.08.01)

・導入日は2019年10月7日予定
・導入台数は1万5千台予定
・純増枚数は約4.3枚/G
・自力感を重視したAT仕様

事前情報(2019.07.29)

・フィールズ社がIR発表(以下、抜粋)

フィールズ株式会社は、このたびパチスロ新機種『カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー』を全国発売することになりましたので、お知らせいたします。当遊技機では、TV シリーズ 1 作目『機動戦士ガンダム』(1979年-)、TVシリーズ2作目『機動戦士Ζガンダム』(1985年-)、劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年-)の3作品の世界観をクロスオーバーさせ、カードバトルのゲーム性で表現。総勢80機と過去最多数のモビルスーツが登場します。

検定通過&事前情報(2019.07.25)

・「S GUNDAM X-OVER A」が検定通過
・発売元メーカーはビスティ社

噂(2019.06.24)

・「ガンダムクロスオーバー」タイアップのパチスロ機が準備中
 …内容は”カードバトル”を主としているとの情報有
・導入日は2019年10月予定

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事