導入日・導入台数

メーカー サミー株式会社
機種名 パチスロ北斗の拳-天昇-
導入日 2019年11月5日(初期)
2019年12月(1次増産)
導入台数 25,000台(初期)
5,000台(1次増産)
筐体 旧:「ZEEG(カスタム)」枠


型式試験情報

【2019.08.23】保通協試験に適合したとの情報有
【2019.08.26】公式IRで保通協適合の告知有(タイヨーエレック名義)
【2019.09.05】「Sパチスロ北斗の拳AB XR」が検定通過

スポンサーリンク

基本スペック

仕様・出玉率

型式|Sパチスロ北斗の拳AB XR
仕様|AT
純増枚数|6.3枚/G
回転数/50枚(1,000円)|約50回転
コイン単価|2.9円

出玉率
設定1|97.9%
設定2|99.0%
設定3|100.1%
設定4|105.4%
設定5|110.1%
設定6|114.0%

激闘ボーナス確率
設定1|1/398.8
設定2|1/339.2
設定3|1/373.1
設定4|1/333.5
設定5|1/352.7
設定6|1/324.4

真天昇ラッシュ確率
設定1|約1/1100
設定2|
設定3|
設定4|
設定5|
設定6|

小役確率

リプレイ
ベル
チェリー
スイカ
昇舞リプレイ
赤7揃い
BAR揃い

ゲームフロー&解析情報

通常時解析

通常時は内部pt「世紀末ポイント」及び「昇舞魂」獲得が主な目的に
100G迄はpt特化「七星チャージ」及び昇舞魂の高確率区間、激闘BONUS突破率も優遇
世紀末ポイント1,000pt到達で「昇舞魂」獲得+CZ「世紀末ZONE」突入
規定ゲーム数消化によるCZ抽選有
 内部モードがチャンスモードの場合は200GでCZ濃厚

七星チャージ

突入契機 -
継続ゲーム数 -
内容 世紀末ポイント獲得特化区間

断末魔ゾーン

突入契機 -
継続ゲーム数 -
内容 ザコがケンシロウ挑発でカウントダウン演出開始
演出成功でボーナス確定

CZ「世紀末ゾーン」

突入契機 1,000pt到達
継続ゲーム数 15G
内容 バトル発生高確率区間
全小役でバトル発生抽選、レア小役はチャンス
バトル勝利で激闘ボーナス確定

天井・恩恵

ゲーム数天井
発動契機 700G
恩恵 激闘ボーナス

ボーナス解析

激闘ボーナス

当選契機 CZ「世紀末ZONE」経由
規定ゲーム数消化
継続ゲーム数 -
内容 チャンスゾーン型疑似ボーナス
バトル3回勝利でAT「真・天昇ラッシュ」確定

ベル×三回消化迄に「バトルレベル」を上昇させ、強敵バトルに勝利出来れば継続。三回突破でAT「真・天昇ラッシュ」確定となります。通常時に貯留した「昇舞魂」の数が多いほど勝率がupします。

バトルレベル

バトル突入時に一度行われる勝利抽選に関係
各バトル毎に設定

小役レベル

全バトル中の成立小役に応じて参照、勝利抽選に関係
はずれ&ベル,リプレイ,レア小役,強チェリー、各小役成立時の勝利期待度を表示

AT解析

本編AT「真・天昇ラッシュ」

当選契機 激闘ボーナス経由 等
継続ゲーム数 14G以上
内容 前半7G+αはSET継続抽選有
後半7Gのバトル演出勝利で次SET継続
実質継続率約85%
ラオウ昇天演出発生で有利区間完走確定

演出モードを任意選択可能
 世紀末モード|王道バトルタイプ
 修羅モード|完全告知タイプ

「昇天」演出発生で有利区間完走確定(2400枚獲得濃厚)

プレミアム「バトルボーナス」

当選契機 北斗図柄揃い
継続ゲーム数 -
期待値 2,300枚以上
内容 AT「真天昇RUSH」のラウンドストック特化区間

プロモーション動画(PV)

SP Movie 第二弾

▼ SP Movie(布袋寅泰202X Ver.)

▼ SP Movie(通常版)

導入前情報

事前情報(2019.09.13)

・サミー公式よりSP Movie第二弾が公開
 昇舞魂
 昇舞の刻
 強敵バトル
 転生ゾーン

事前情報(2019.09.08)

・AT性能に設定差有
 設定6の平均獲得枚数「約800枚」

事前情報(2019.09.06)

・新生ハイスペックAT「真・天昇RUSH」
 継続率「約85%」
 平均獲得枚数「約1,000枚」
・パチスロ北斗史上最大ボリュームで新生北斗を演出
 「世紀末編」×「修羅編」が融合
・どこからでも遊技できる完璧な作りこみ
 通常時は期待感を常に継続させる仕組が多彩

・スペシャルPVの内容(以下)
 七星チャージ
 世紀末ゾーン
 断末魔ゾーン
 激闘ボーナス
 真・天昇RUSH
 EXTRA
 ラウンド1→勝利でV
 追撃演出
 獲得枚数2000枚時点でラオウ昇天示唆!?

事前情報(2019.09.03)

・従来のS北斗シリーズから演出を大幅に変更
・AT中ベル成立時の色押し等は非搭載(押し順ナビ)
・AT無抽選区間は非搭載
・メダル減少区間は非搭載
・6号機史上最高の機械割
 …(参考)闘魂継承アントニオ猪木の設定6が「114.9%」

未確定情報(2019.08.29)

・導入日は2019年11月5日が最有力
・純増枚数は「6.3枚/G」ではないかとのウワサ情報有

噂(2019.08.27)

・一部の業界関係者曰く「目押し無し」との情報有
 …仮にベル成立時の目押しに関する話であった場合、高純増枚数に疑問符か

噂(2019.08.20)

・導入日は2019年11月が有力候補か

噂(2019.08.20)

・保通協試験の結果次第で2019年内導入の可能性有

噂(2019.08.02)

・筐体は「ZEEG枠」を使用か(まどマギ叛逆や5.9号機ハーデスと同枠)
・北斗新台(6号機)に関する新たな未確定情報有
 メダル減少区間なし
 初当たり確率は低い(重い)
 ベル成立時の払出枚数は「15枚」
 通常時のゲーム性は従来のS北斗の拳シリーズとは異なる
 AT中は勝舞魂を用いた継続仕様を継承か

噂(2019.07.31)

・ベース値は50程度との情報有
・純増枚数は約6枚-8枚程度との情報有
・三名を倒せば期待値が高いAT区間に突入か

噂(2019.07.25)

・導入日は2019年11月頃に延期か
・人気機種「リゼロ」並みの純増枚数(8.0枚/G付近)の可能性有
 ゲーム性も同機に類似しているとの情報有

噂(2019.07.22)

・導入日は2019年10月予定との情報有

噂(2019.07.03)

・導入台数は4万台-5万台程度

噂(2019.04.22)

・サミー社が「パチスロ北斗の拳」シリーズ最新台を準備中
・導入時期は2019年8月以降となる見通し

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事