藤商事が二社の完全子会社を設立

2019年7月30日、株式会社藤商事はIR「子会社の設立に関するお知らせ」を発表しました。内容及び要旨は以下の通りです。

 

子会社の設立に関するお知らせ(藤商事IRより)
当社は、2019年7月30日開催の取締役会において、下記のとおり子会社二社の設立を決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.子会社設立の理由
当社グループのパチスロ遊技機において複数ブランドを活用した機動的かつ安定的な供給体制を構築することにより、収益力のさらなる強化を図るものであります。

2.設立する子会社の概要
(1)名称:株式会社ミラクル
(2)所在地:大阪市中央区内本町一丁目1番4号
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役 米田勝己
(4)事業内容:パチスロ遊技機の開発・製造・販売
(5)資本金:1,000 万円
(6)設立年月日:2019年10月1日(予定)
(7)大株主及び持株比率:株式会社藤商事100%
(8)当社と当該会社との関係
資本関係:当社は当該会社に100%出資する予定です。
人的関係:当社は当該会社に役員を派遣する予定です。
取引関係:当社は当該会社より開発および販売業務を受託する予定です。

(1)名称:株式会社オレンジ
(2)所在地:大阪市中央区内本町一丁目1番4号
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役 松下智人
(4)事業内容:パチスロ遊技機の開発・製造・販売
(5)資本金:1,000 万円
(6)設立年月日:2019年10月1日(予定)
(7)大株主及び持株比率:株式会社藤商事100%
(8)当社と当該会社との関係
資本関係:当社は当該会社に100%出資する予定です。
人的関係:当社は当該会社に役員を派遣する予定です。
取引関係:当社は当該会社より開発および販売業務を受託する予定です。

3.今後の見通し
当該子会社設立による、2020年3月期の連結業績に与える影響は軽微であります。

オレンジ、ミラクル両者共通で藤商事社の100%子会社であり、事業内容も藤商事社が行っているパチンコパチスロの開発、販売と記されている事から、大きな変化は無いと考えられます。今後、保通協試験や型式通過名義等で「株式会社ミラクル」「株式会社オレンジ」等の表記を見る事があるかも知れません。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事