スポンサーリンク

スマートパチスロ本格始動

2022年7月19日、四団体(日工組、日電協、PSA、認証協)主催による『スマート遊技機フォーラム』が開催されました。その内容と併せ、パチスロサミットonline上で特設ページも公開されていますので紹介させて頂きます。
 

パチンコ、パチスロが2022年度から「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」へと新たにカジを切る。19日には、都内のホテルで業界関係者などを対象にした「スマート遊技機フォーラム」が行われた。

フォーラムで、日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)理事で、スマスロ普及推進プロジェクトリーダーを務めた「セガサミーホールディングス」の里見治紀社長(43)は、「スマート遊技機による遊技産業の未来」について説明。「業界全体のデジタル化によるキャッシュレスを含めた利便性」「メダルを投入する手間が省けることによる遊技性の向上」「不正防止」「省エネ」「コスト削減」「騒音がなくなる」などメリットを説明した。

業界ではスマパチ、スマスロの体験会などを随時行うという。イメージの向上、新たなファンの開拓、パチンコ・パチスロから離れてしまった人の取り込みなど、参加人口の増加につなげていく。パチンコ機種メーカー「京楽」社長でもある、日本遊技機工業組合(日工組)の榎本善紀社長(53)は、「時代に合わせた、進化の伴うシステムをつくって、業界を活性化させていきたい」と話していた。

スマスロ特設Web

SLOT NEXT-STAGE

スマスロ説明 1

スマスロ説明 2

Q&A

Q1.いつから打てますか?
A1.2022年11月よりホール導入開始予定です。

Q2.遊技性のメリットはありますか?
A2.スマスロでは有利区間G数が無制限となります。

Q3.遊技性以外のメリットはありますか?
A3.遊技メダルの電子化により遊技の快適化(投入や箱への詰替が無くなる)、衛生面や騒音減少などがあります。

Q4.台移動はどのように行いますか?
A4.スマスロの計数ボタンを押して全ての持ちメダルを専用ユニット側に送ります。その後、専用ユニットの返却ボタンを押してICカードを取り出して台移動してください。「短押し」の場合、遊技メダルを1枚ずつ計数します。「長押し」の場合、遊技メダルを50枚ずつ計数します。

Q5.遊技をヤメる時はどのようにすれば良いですか?
A5.専用ユニットに遊技メダルを全て移してICカードに記憶させて、景品カウンターへ持っていってください。

すろまに
メダルを投入する必要がなかったり、指1本で台移動や交換ができたりするのは打ち手としても大きなメリットになりそうですね。
スポンサーリンク

各情報まとめ

スマスロ関連情報(※スマパチ含む)

◎共通
玉・メダル非接触で感染症対策強化
出玉移動及び計数の作業消滅
ゴト行為へのセキュリティ強化
遊技機情報センターで出玉情報管理でギャンブル等依存症対策に寄与

◎スマパチ
確率上限「1/350」
c時短を搭載した新機能で新たなゲーム性
コンプリート機能「95,000個」

◎スマスロ
差枚数+2400枚は継続
有利区間4000G上限→有利区間G数上限なし
コンプリート機能「19,000枚」
有利区間ランプ搭載は任意

コンプリート機能

※現行機にコンプリート機能は非適用(必須ではないの意)
※コンプリート機能搭載の6.5号機は2022年秋冬以降に登場見込

すろまに
パチンコの方は特に確率上限が「1/350」になったり、c時短を搭載した新機能があったりと、ゲーム性が広がりそうで、来年の登場が楽しみになりますね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事