スポンサーリンク

マハポーシャランド氏が語る「自粛社会」

2020年4月28日、パチンコ&ゲームアプリ系YouTuber「真のマハポーシャランド」氏が動画『自粛社会で失業した34歳YouTuberの本音!みんなに知ってほしいことは?』をアップロードしました。

マハポーシャ氏自身は失業状態であり、失業保険を受給出来ないだけでなく、YouTube活動(パチンコパチスロ実戦、位置情報ゲーム等)も行えず、経済活動の先行きが見えない現状等を本音を長時間(50分以上)に渡り語っておられます。

動画及び一部抜粋
自己紹介
 1.失業して先が見えません
 2.YouTube活動が出来ません
失業者が見た現実
 1.国民から無視されている
 2.布マスクが届かない
 3.失業者向け現金支給(30万円)が中止に
 4.リスクよりも「好き・嫌い」で議論が過熱
 5.予防ではなく「必要・不要」が焦点に
 

自分自身のストレスよりも、相手のことを思いやりませんか?私は失業中で仕事も保障もありませんが、他人には自分と同じ目に遭って欲しくないです!他人がどれだけ苦しんだとしても、あなたが救われることはありません。過剰に他人を攻撃しても、何も変わりません

普段のパチンコ実践系動画は、テンション狂系若しくは泣きパターンが多いマハポーシャ氏ですが、本動画に関しては真面目に語られております。(多少のフェイクは想定されるものの)或る個人から見た現在の社会情勢に対する本音吐露として、ご覧になってみては如何でしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事