導入日・導入台数

メーカー 株式会社大一商会
機種名 P忍者ハットリくん-決戦!サイバーからくり城の巻-
導入日 2019年11月5日
導入台数 5,000台
仕様 一種二種混合タイプ
筐体 旧:「ルナーレス」枠


型式試験情報

【2019.09.05】「P忍者ハットリくん4AM-S」「P忍者ハットリくん4AG-S」が検定通過
【2019.09.11】「P忍者ハットリくん4AG-JH」が検定通過

スポンサーリンク

スペック情報

ミドル(AM-S型)

型式|P忍者ハットリくん4 AM-S
通常時確率|1/319.7
連荘中確率|約1/5.3
懲悪モード継続率|約57%
疾走モード継続率|約76%
時短回転数|1回,99回
賞球数/カウント数|3&1&4&7&11/10C
保留|4個(特図1),4個(特図2)

ヘソ(特図1)
9R通常(99回)|1.0%
9R通常(1回)|99.0%

V入賞,電チュー(特図2)※電サポ作動中
10R通常(1回)|100.0%

V入賞,電チュー(特図2)※電サポ非作動中
10R通常(99回)|100.0%

プロモーション動画(PV)

導入前情報

事前情報(2019.09.04)

・役物ギミック関係の情報が公開(以下)

タイトル導光板
 …出現で好機、赤文字なら更に信頼度up
超ニンニンフェイス
 …目が炎orハートなら更に信頼度up
からくり役物ギミック
 …激しく回転して好機を演出
参上ギミック
 …出現すれば好機
エックス(X字)ギミック
 …保留入賞時等に発光すれば好機
セグタイマー役物
 …カウントダウンが開始されると好機

事前情報(2019.09.01)

・営業資料の一部が公開
 継続率重視の「疾走モード」と出玉力重視の「懲悪モード」が存在
 プレイヤーの任意で上記モードを選択可能な「超分身システム」を採用
・疾走モードは約1000発×継続率約76%
・懲悪モードは約2000発×継続率約57%
 ハラハラドキドキのバトルモード
 バトル勝利で2000発+α
 限界突破演出が発生すれば3000発+αの究極突破スペック

噂(2019.08.27)

・導入日は2019年11月5日が有力候補

噂(2019.08.26)

・導入日は2019年11月予定

噂(2019.04.18)

・Daiichi社より「忍者ハットリくん」タイアップぱちんこ機が準備中
 今作でシリーズ第4弾となります
・導入時期は2019年内を見込んでいるとの情報有
・高継続確変スペックであるとの情報有

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事