スポンサーリンク

パチンコ会員カードの恐怖(都市伝説?)

会員カードは危険 名前も全部バレバレ

最近のホルコンはすごいです。会員カード募集を必死でする理由を言います。台横のサンドに会員カードを入れると事務所のパソコンには名前(個人名)が表示されます。何番台に誰が座ってるか一目で分かります。顔写真とのリンクも出来ます。違う人間のカードを入れてもすぐ照合されてバレます。悪い事をしてなくても気持ちいいものではありませんよね。貯玉が多いとすぐ顔写真プリントして事務所に貼ります。もちろん住所も登録の際にバレてるので遊戯中に家に侵入して泥棒に入る事も可能です。考えてみたら怖いですねー((´д`)) ブルブル…

ネット上の反応&意見、コメントまとめ

匿名@ぱちきゅれ:
リスクを回避する為には遊戯をする際は特定されない為に貯玉カードを利用せずに現金で投資しましょう。店に飼われちゃダメです。住所がバレているのが一番怖いです。とにかく会員カードはハサミを入れて捨てましょう。自分を守るのは自分しかいないのですから。

匿名@ぱちきゅれ:
車種と車番もバレてるから安心してね♪

匿名@ぱちきゅれ:
そのパチンコ屋のカードより怖いT〇UTA〇Aのカード。Googleの検索履歴、Amazonの検索履歴や購入履歴、絵文字や文字入力アプリ←利用規約に記載されてるので読めばわかりますが、打ち込んだ文字は全て無料アプリの制作側へ送信されデータベース化。スマホの電源を切っていても位置情報自動送信されてる。無料ゲームアプリも何故無料かわかりますか?無料アプリやゲームをスマホに入れるなら捨てても壊れても良いような中華スマホに格安シム入れて捨てアド、捨てGoogleアカウントで本当の個人情報は入れず、マイクオフ、インカメラビニテで塞いで顔撮られないように!

匿名@ぱちきゅれ:
カードなくても顔認証や歩様認証で個人特定できるだろ
これはパチンコ屋だけじゃ無いんだけどね

匿名@ぱちきゅれ:
住所、名前、電話番号晒すなんて危険。
会員カード作ってる奴ってスロプだろwww

匿名@ぱちきゅれ:
アホなの?
身元がバレてなんか都合悪いことあんの?

匿名@ぱちきゅれ:
無頓着でも構わないが 多少は警戒しないと・・・。例えば自分の事以外で、親の事とか。昔はパチ屋客の情報なんか、サラ金業者に人気だったらしいが今は分からん。

匿名@ぱちきゅれ:
脱税→やってます
個人情報の漏洩、不正使用→やってません

てことですね、分かります。

匿名@ぱちきゅれ:
倒産したら個人情報が業者に売られる、漏洩間違いなし。

匿名@ぱちきゅれ:
一番の問題は税金だ。
差枚記録されると言い逃れができない。
パチンコ屋の換金は古物の売却益だからな。

匿名@ぱちきゅれ:
会員カードに記録されるのは、パチンコ屋から特殊景品に交換した枚数だけ。
その特殊景品を交換所で換金して初めて利確な。
ここが記録されていないのに売却益もクソもない。

匿名@ぱちきゅれ:
貯メダルおろそう

匿名@ぱちきゅれ:
そんなことよりも一万円分以上の古物を身分証等での本人確認なく買い取るのは古物営業法的に違法なのではないのでしょうか?

匿名@ぱちきゅれ:
だから最大5,000円になってるだろ?
200万円換金しようが、1個辺りの単価は5,000円。

匿名@ぱちきゅれ:
質屋が同一個人から同時に1個5,000円で同じブランド品を計10個買い取りました。1個5,000円なので身分確認も古物台帳へのその旨の記載もしませんでした。そしてこの行為が警察にバレてしまいました。警察はその質屋を摘発しますか?その質屋は行政処分を受けますか?

匿名@ぱちきゅれ:
昔の奈良はアトマイザー?やったな景品。中身よく分からん物体、三重県は栞やったな。そう言えば栞ってパチンコ用の景品やったから三重県にパチスロが無かったって話だが、ほんまなんか?景品買取所で手数料取られるのもその頃からの名残りなんやな。

匿名@ぱちきゅれ:
ゲームセンターだって違法ギリギリな事やってるよ。クレーンゲームで数千円~数万円で取引きされてるカードが当たって、その場で直ぐに買い取ってもらえる。それをやってる客って小学生とか中学生だぜ。

匿名@ぱちきゅれ:
俺のマイホは系列で金融もやってるみたいで、入会したら即融資の案内が来た。お金がほとんど無かったから借りに行ったら審査は激甘でその日に50万円貰った。5スロから20スロに昇格して打ち込んだら一週間ちょいで無くなった。罠かと思ったわ。

匿名@ぱちきゅれ:
50万円は貰って無いぞwww

匿名@ぱちきゅれ:
素晴らしいビジネスモデルだな!

ぱちキュレ
会員カードに顔認証&歩容認証、古物商…このあたりははっきりした情報が明示されてないもんねwwwwww

ぱちキュレ
信じるか信じないかはみんな次第だよ❗️😈

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事