埼玉遊協、特定機種推奨データ機器の撤去要請

2019年9月3日、埼玉県遊技業協同組合(埼玉遊協)は組合員ホールに対し、文書「特定の機種を推奨するおそれがあるデータ表示器の撤去要請について(お願い)」を送付しました。要旨及び内容は以下の通り。

 

特定機種推奨データ表示の撤去要請(2019.09.03)
1.対象となる機器
特定の機種を推奨するおそれがあるデータ表示器
(通常のデータ表示器は除く。)

2.撤去理由
ホールに設置された通常のデータ表示器のほか、更に上記データ表示器を設置することで、風適法施行条例第6条第2項第3号に規定された「著しく射幸心をそそるおそれのある方法で営業しないこと」に抵触するおそれが認められる為である。警察本部担当者に対し、具体的理由について確認したところ、

・上記データ表示器が特定の機種のみに設置されている
・殊更に特定の機種を推奨する仕様である

との指導を受けたものである。

3.措置
以上の理由から、各組合員ホール様においては、今後適切に対処していただきますよう、お願い申し上げます。

先日、噂レベルで囁かれていた話ですが、埼玉県の遊協より正式に文書が発行・送付された形となりました。事案となったのは北電子社の「ジャグナビ」と言われておりましたが、今回の文書上では具体的な製品名に対する言及は避けられています。とは言え、特定機種のみに強く関わるデータ表示器と言えば正に前述の製品に限られますので、今回も当該製品設置店対する撤去要請とみて問題ないかと思います。

 
また噂レベルで話題となっていた際に「静岡県」でも同様の事案があったようですが、そちらにおける文書等は確認されていません(執筆現在)。続報が有りましたら、こちらでお知らせ致します。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事