スポンサーリンク

導入日・導入台数

メーカー 株式会社ユニバーサルエンターテインメント
株式会社アクロス
機種名 パチスロサンダーVライトニング
導入日 2020年4月20日
導入台数 5,000台
筐体 旧:「ZEEG」枠


型式試験情報

【2020.01.31】アクロス名義で「S/サンダーVライトニング/TH」が検定通過

スポンサーリンク

スペック情報

仕様・出玉率

型式|S/サンダーVライトニング/TH
仕様|Aタイプ
回転数/50枚(1,000円)|42回転(設定1)-46回転(設定6)
コイン単価|1.9円(設定1)

出玉率
設定1|98.0%
設定2|100.1%
設定5|103.5%
設定6|107.0%

出玉率(※完全攻略時
設定1|99.5%
設定2|101.5%
設定5|105.1%
設定6|108.5%

ボーナス合算確率
設定1|1/162.6
設定2|1/149.3
設定5|1/137.8
設定6|1/128.0

レギュラーボーナス確率
設定1|1/392.4
設定2|1/322.8
設定5|1/288.7
設定6|1/256.0

ビッグボーナス確率
設定1|1/277.7
設定2|1/277.7
設定5|1/264.3
設定6|1/256.0

小役確率

リプレイ|1/7.3
ベルA|1/9.6(設定1)-1/8.7(設定6)
ベルB|1/26.9(設定1)-1/27.4(設定6)
チェリーA|1/18.3(設定1)-1/17.7(設定6)
チェリーB|1/78.8
スイカA|1/163.8(設定1)-1/160.6(設定6)
スイカB|1/163.8(設定1)-1/160.6(設定6)

ゲームフロー&解析情報

ボーナス解析

REG「レギュラーボーナス」

当選契機 BAR揃い
獲得枚数 104枚(最大)
内容 技術介入要素有
一枚役成立回数を参照に「RIZIN ZONE」突入率が変化

【技術介入手順】
①.予告音発生時に左リールに三連V図柄を目押し
②.「BAR BAR V」を回避
※5回目以降は「BAR BAR V」を取得すること

一枚役成立回数に設定差が存在

 1枚役成立回数別RIZIN ZONE突入率

0,1,2回|基本的にRZ非突入(RZ突入時は期待)
3,4回|100GのRIZIN ZONE突入確定
5回以上|無限RIZIN ZONE突入確定

BIG「ビッグボーナス」

当選契機 「赤7揃い」「V図柄揃い」
獲得枚数 251枚(最大)
内容 技術介入要素有
終了後は必ず「RIZIN ZONE」へ突入

【技術介入手順】
①.予告音発生時は「中リール→右リール」を適当押し
②.左リールは三連V図柄を狙い、13枚役を獲得

RZ(RIZIN ZONE)中解析

突入契機 BIG BONUS終了後
REG BONUS終了後の一部
継続ゲーム数 30G以上
内容 滞在中のレア小役成立時は必ずパネルフラッシュが発生
滞在中のボーナス当選でRZのゲーム数リセット

内部状態はRTではなく通常状態
継続ゲーム数は30-100Gまたはボーナス当選まで
滞在中のボーナス当選時は第3停止後に必ず告知ランプが点灯

設定差・高設定示唆&確定演出

RIZIN ZONEの継続ゲーム数

十の位が奇数|奇数設定の期待度up
十の位が偶数|偶数設定の期待度up
ゾロ目|高設定の期待大

REG後のRIZIN ZONE突入抽選

1枚役2回以下での突入|設定2以上確定

BIG中のハズレ目出現確率

設定1-2|1/16384.0
設定5-6|1/420.1

プロモーション動画(PV)

6号機A-PROJECT第二弾、革新×伝統、新時代に轟く雷鳴。ミニ液晶演出にて新たな演出法則を実現、RIZIN ZONE(ライジンゾーン)はボーナス後に突入する新たな遊技性、ユニメモ機能も搭載。

導入前情報

事前情報(2020.04.14)

・ユニメモに「小役自動カウント機能」及び「リーチ目コレクション」を搭載

噂(2020.02.26)

・増産が決定したとの情報有

噂(2020.02.04)

・導入日は2020年4月20日予定

噂(2020.01.28)

・BIGの獲得枚数は251枚
・REGの獲得枚数は104枚
・設定6の出玉率は108%

噂(2020.01.27)

・導入日は2020年4月中旬予定
・正式な機種名称は「サンダーVライトニング」
・スペックは「ノーマルAタイプ」

噂(2020.01.23)

・名機「サンダーV」続編となる新台パチスロ機が準備中
…5号機では「ダイナミックサンダーV」「サンダーVリボルト」が発売されていた
・導入日は2020年4月頃が有力か

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事