スポンサーリンク

導入日・導入台数

メーカー 株式会社サンセイアールアンドディ
機種名 P笑点 めざせ!座布団10枚
導入日 2020年3月2月
導入台数 2,000台
仕様 一種二種混合タイプ
筐体 旧:「ライジングサンセイ」枠


【仕様説明】
遊技中は常に右打ち。1種2種混合タイプでデジタル確率に6段階の設定差が存在し、大当たり後に電チューサポート等が一切付与されない「Aタイプパチンコ」第二弾となります。また、小当たり経由の大当たりが設けられており、その際の大当たりラウンド数が10Rに固定されている為、デジタル確率と合わせて考えた場合には「大当たりラウンド振り分けに設定差が存在する」ように見せる工夫が凝らされています。

型式試験情報

【2019.11.27】サンセイ名義「P笑点MU」が検定通過
【2019.12.13】別型式が適合を受け、検定通過が近いとの情報有

スポンサーリンク

スペック情報

型式|P笑点MU
合算確率(設定1)|1/169.7
 デジタル確率(設定1)|1/306.0
 小当たり確率(特図1,2)|約1/381
時短回転数|0回
賞球数/カウント数|3&4&15/10C
保留|4個(特図1),4個(特図2)
備考|常時8個保留

大当たり振り分け(設定1)
10R通常(0回)|60.0%
4R通常(0回)|40.0%

 ラウンド振り分け詳細

デジタル経由の大当たり振り分け(デジタル直撃)
10R通常(0回)|28.2%
4R通常(0回)|71.8%

小当たり経由の大当たり振り分け(小当たり→V入賞)
10R通常(0回)|100.0%

設定差

設定値 デジタル確率
設定1 1/306.0
設定2 1/275.2
設定3 1/254.8
設定4 1/231.5
設定5 1/212.0
設定6 1/166.6
設定値 合算確率 10R 4R
設定1 1/169.7 60.0% 40.0%
設定2 1/159.8 58.0% 42.0%
設定3 1/152.7 57.0% 43.0%
設定4 1/144.0 55.0% 45.0%
設定5 1/136.2 54.0% 46.0%
設定6 1/115.9 50.0% 50.0%

ボーダーライン回転数

設定付ライトミドル(MU型)

等価交換(4.00円)|40.1回転(設定1)-29.1回転(設定6)
28玉交換(3.57円)|41.2回転(設定1)-30.0回転(設定6)
30玉交換(3.33円)|42.0回転(設定1)-30.5回転(設定6)
33玉交換(3.03円)|42.9回転(設定1)-31.2回転(設定6)
40玉交換(2.50円)|45.1回転(設定1)-32.7回転(設定6)

演出情報・信頼度(※大喜利モード準拠)

モード&大当たり

モード演出

演出モード選択
 大喜利モード
 ドラムモード
 10舞モード

通常時の演出

予告演出

座布団獲得枚数予告
1-4枚
5枚|15%
6枚|25%
7枚|50%
8枚|65%
9枚|75%
10枚到達|当確

群予告
信頼度|55%

リーチ演出

師匠リーチ
信頼度|20%

暴走リーチ
信頼度|30%

全員リーチ
信頼度|45%

かしこまりましたリーチ
信頼度|40%

停電トラブルリーチ
信頼度|25%

ねじねじチャンス演出
信頼度|30%

笑点楽曲リーチ
信頼度|65%

設定示唆・高設定確定演出

朝イチの図柄ガックン
確認出来れば「設定変更が確定」となります。
※発生時の橙色のエフェクトが発生

笑10カウンター
十枚箱|高設定の期待度up
金色座布団|高設定の期待度up
お客様「246人」|偶数設定濃厚(設定2,4,6)
お客様「456人」|設定4以上
お客様「666人」|設定6確定

サイコロ予告の出目
456|設定4以上
666|設定6確定

大当たり終了画面のトロフィー
シルバートントン|設定2以上
ゴールドトントン|設定4以上
スイッチオントントン|設定6確定

導入前情報

事前情報(2020.02.10)

・8個保留に加え、クルーン滞留中の遊技球をカウントする「スタンバイ保留」有

事前情報(2019.12.23)

・オール右打ち型のAタイプぱちんこ第二弾

噂(2019.12.15)

・導入日は2020年3月予定

噂(2019.12.09)

・同社機「Pゴッドイーター」の次に市場投入予定との情報有

噂(2019.12.06)

・導入日は2020年4月または5月頃を予定
・サンセイAタイプパチンコ第2弾である可能性有

噂(2019.12.05)

・導入日は2020年春頃を予定

噂(2019.11.27)

・サンセイ社から「P笑点」の検定通過を確認
・有名落語家が多数出演する娯楽番組『笑点』タイアップ機か
 …従来機は平和(HEIWA)社から2003年に発売されていた

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事