スポンサーリンク

導入日・導入台数

メーカー 株式会社アムテックス
株式会社平和
機種名 Pホー助くん 2019年Ver.(仮)
導入日 2019年12月16日
導入台数 2,000台
仕様 役物+デジタル抽選タイプ
筐体 旧:「ゴールデンロック」枠


型式試験情報

【2019.09.26】アムテックス名義で「Pホー助くんYKBU2」が検定通過

スポンサーリンク

スペック情報

型式|Pホー助くんYKBU2
役物確率|-
大当たり確率(特図1)|1/9.99
大当たり確率(特図2)|1/5.33
ホー助チャンス突入率|50%
ホー助チャンス継続率|約81%
時短回転数|4回
賞球数/カウント数|4&1&5&3&4&10/10C
保留|4個(特図1),4個(特図2)

※「ホー助チャンス」は「時短4回+残保留4個」消化区間

通常時
10R(ホー助チャンス突入)|50.0%
10R(ホー助チャンス非突入)|50.0%

ホー助チャンス中
10R(ホー助チャンス継続)|50.0%
3R(ホー助チャンス継続)|50.0%

プロモーション動画(PV)

時が満ちる…あいつが舞い戻ってきた!

遊びやすさを重視、シンプルさを追求。まずは役物内のヘソ入賞を狙え!役物内ルートは二種類、左はノーマルルート、右はスペシャルルート。へそ入賞で液晶が変動、大当たり確率は「約1/9.99」で初当たり時は必ず「1,000個」獲得。ホー助ルーレットで「赤」に止まれば「ホー助チャンス」獲得、突入期待度は「50%」。ホー助チャンスは4回転+残保留4個で継続率は「約81%」。ホー助チャンス中の大当たりは約半分が「1,000個」。パチンコ本来の面白さ、短時間でも遊べる設計、パトランプや南国蝶々等の新しい楽しさも搭載。

導入前情報

噂(2019.10.11)

・導入日が延期されるとの情報有
 同社機「P南国育ち5」の2019年内導入を優先する形

・上記とは別に「12月16日導入」の情報有

噂(2019.10.01)

・導入日は2019年末頃の可能性有

噂(2019.06.05)

・HEIWA社が名機「ホー助くん」シリーズ最新台を準備中
・導入日は2019年秋頃を予定しているとのこと

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事