スポンサーリンク

要約「ぱちんこ遊技は(基本的に)安心安全です」

2021年7月7日、一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協)は「パチンコ・パチスロ依存問題防止研究会」の報告を行いました。内容は以下の通りです。

同研究会は、遊技障害に対する社会的要請から、科学的な調査研究に基づく効果的な対策を模索する事を目的に、日遊協30周年記念事業の一つとして2018年10月に活動を開始。公正中立で、なおかつ依存問題に関する専門知識を持つ外部有識者で構成されている。脳科学者の篠原菊紀座長(日遊協理事・公立諏訪東京理科大学・医療介護・健康工学部門)は、約2年間の遊技者に対して3回の追跡調査を行い、出玉性能、広告宣伝やイベントは、「ぱちんこ関連のギャンブル等依存症の原因になるとは言えない」との調査分析結果とした。

報告では

「高い出玉性能の遊技使用が遊技障害疑いのリスクを増す原因になるとは言えなかった」
「広告宣伝の視聴、イベント参加が遊技障害疑いのリスクを増す原因になるとは言えなかった」
「コロナ禍でぱちんこ関連のギャンブル等依存症を増やしたとは言えない、健全プレイ(金額制限、時間制限)の推進が予防的に有望」

とまとめた。

今回の調査などを踏まえた上で「ぱちんこモデル2021」を示した。

①.ぱちんこ遊技は個人の選択と責任である
②.事業者は、プレイヤーが適切な選択ができるよう、正確な情報を提供する
③.安全なぱちんこプレイは可能だし、ほとんどの人はそのように遊んでいる
④.高いリスクの人にとっては、ぱちんこが自身や家族に大きな害となりうる
⑤.ぱちんこ遊技での問題を減らすのに、断ぱちんこは必須ではない
⑥.ぱちんこで問題が生じているプレイヤーでも、参加の制御は可能である

裏方
業界外からの批判牽制カード作り、の印象を受けます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事