スポンサーリンク

愛知遊協が「休業要請緩和」要望を決定

2020年5月8日、愛知県遊技業協同組合(愛遊協)は組合員ホールに対し、文書『愛知県に対する早期営業再開の要望について』を送付しました。内容は以下の通りです。
 

「愛遊協」×「緩和要望」
令和2年5月8日
組合長・組合員各位
(事務局)

愛知県遊技業協同組合

愛知県に対する早期営業再開の要望について

平素は、愛遊協の諸活動にご理解とご協力を賜り感謝申し上げます。さて、現在、新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言が本年5月31日(日)まで延長され、愛知県下でも組合員ホールが休業しているところでありますが、このまま休業が続けば、我々業界の財政的体力も限界となっており、廃業、倒産という最悪の状態となり、多くの社員、従業員が生活の糧を失うこととなります。このため、当組合では、本日、臨時執行部会を開催し、来週の5月11日、愛知県知事に対して、「新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底した店舗に対する早期営業再開の要望について」の要望書を提出し、早期の営業再開を要望することを決定しました。要望の主な内容は、我々パチンコ・パチスロ業界が、入店者の整理、 混雑時の入場制限、店内の随時消毒、その他の新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底することにより、休業要請を緩和し、早期の営業再開を公に認めてもらう要望であります。各組合員ホールに、これ以上の休業をお願いすることは本意ではありませんが、人の命と健康に係ることでありますので、今しばらく賢明な対応をお願い申し上げます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事